HOME > 受賞・表彰

受賞・表彰

第56回日本側弯症学会学術集会 ショートシンポジウム優秀賞 受賞報告

弘前大学大学院医学研究科 整形外科学講座 脊椎グループ 新戸部 陽士郎

 この度、2022年11月4日から5日に千葉県浦安市で行われました第56回日本側弯症学会学術集会において、ショートシンポジウム優秀賞を受賞しましたのでご報告申し上げます。この賞は、ショートシンポジウムセッションの発表者の中から、二人の座長の先生による採点にて選出されます。
 私の演題名は「思春期特発性側弯症における骨代謝マーカーと椎体楔状化、Cobb角の関連」でした。思春期特発性側弯症 (AIS)の原因は現在も不明な点が多く、病態の解明はより効果的で低侵襲な治療のために重要です。AISにおいて骨密度低下や骨質不良がCobb角進行のリスク因子と報告されていますが、そのメカニズムは明らかではありません。本研究の目的は骨代謝マーカーと椎体楔状化、Cobb角重症度の関連を検討することでした。対象は弘前大学医学部附属病院で手術を行ったAIS症例のうち、主胸椎カーブがメジャーカーブである28例としました。
 結果ですが、骨吸収マーカーであるNTxは椎体楔状化とCobb角の両方と正の相関を認めました。また年齢、NTx、骨形成マーカーであるBAPを独立変数とした多変量解析でも、NTxのみが椎体楔状化の有意な因子でした。本研究結果から、骨吸収の亢進が椎体楔状化を増大させCobb角が増大する、というメカニズムが示唆されました。本研究は骨代謝と椎体楔状化の関連を検討した初めての報告でした。
 今回の賞は、青森県の側弯症治療を長期にわたって精力的に支えていただき、本研究のstudy designからスライド作成まで熱くご指導いただいた、和田簡一郎先生のお陰様で受賞させていただきました。ここに深謝申し上げます。そしてご指導くださった石橋恭之教授、脊椎班の先生方をはじめとする弘前大学整形外科学講座の先生方に深く感謝申し上げます。

第56回日本側弯症学会学術集会 ショートシンポジウム優秀賞 受賞報告

Pagetop