HOME > 研究・業績 > 脊椎・脊髄外科グループ

脊椎・脊髄外科グループ

脊椎・脊髄外科グループ

脊髄損傷に関する研究

脊髄損傷は外傷等で脊髄が強い障害を受けることにより、永続的な重度の運動障害や感覚障害を呈します。弘前大学では脊髄損傷に関する基礎研究から臨床研究を幅広く行っております。臨床研究は、脊髄損傷後合併症管理および神経障害性疼痛の治療に向けた研究を行っています。基礎研究は弘前大学大学院医学研究科脳神経生理学講座の上野伸哉教授と脊髄損傷モデルマウスの不安行動解析および新規治療薬剤の開発を行っています。また、幹細胞による再生医療にも注目し、東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野出澤真理教授と Multilineage-differentiateing Stress Enduring (Muse) 細胞に関する共同研究を行っています。これまで当講座ではマウスの脂肪細胞や骨髄からのMuse細胞の培養に成功し、現在では脊髄損傷へ様々な投与実験を行い、安全な再生医療の実現に向けた研究を行っています。
脊椎・脊髄外科グループ

脊柱靱帯骨化症に関する研究

脊柱靱帯骨化症は厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されており、「脊柱靱帯骨化症に関する研究班」を中心として病態・治療に関する研究が行われています。当講座は以前より研究班の一員として、病態解明を目指した基礎研究を進めています。これまでに古川賢一先生との共同研究で、病因遺伝子の解明、メカニカルストレスの関与、間葉系幹細胞(MSC)の関与を報告してきました。
近年はヒト脊柱靱帯由来MSCの分化コントロール(骨分化抑制)を治療のターゲットとし、研究を進めています。薬物による脊柱靱帯骨化の治療・進行予防が最終目標です。
脊椎・脊髄外科グループ

脊椎疾患疫学調査・岩木健康増進プロジェクト

薬物療法、手術療法、再生医学の進歩とならび、疾患の発症、重症化予防は、国民の健康寿命延長、医療費削減にとって重要なテーマです。そのために有用な研究フィールドとして、住民コホートが挙げられます。弘前市岩木地区では、2005年に健康増進を目的とした地域一般住民健診(岩木健康増進プロジェクト)が開始されました。2006年より脊椎疾患の調査を開始し、頚髄症、頚椎後縦靱帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症性椎体骨折、脊柱変形を対象疾患として、横断的、縦断的な研究を行いながら、調査結果を被検者へ還元し、成果を学術誌へ公表してきました。2013年には、調査のフィールドである岩木健康増進プロジェクトが革新的イノベーション創出プログラムに採択された。そのビッグデータを用いて、脊椎変性疾患の自然経過に関連する因子の多角的な解析が可能となりました。
脊椎・脊髄外科グループ


業績:脊椎・脊髄外科グループ

  • Characteristics of Tc-MEP Waveforms in Spine Surgery for Patients with Severe Obesity.
  • Kobayashi K, Ando K, Yoshida G, Ando M, Kawabata S, Yamada K, Kanchiku T, Fujiwara Y, Taniguchi S, Iwasaki H, Shigematsu H, Tadokoro N, Takahashi M, Wada K, Yamamoto N, Funaba M, Yasuda A, Ushirozako H, Hashimoto J, Morito S, Takatani T, Tani T, Matsuyama Y, Imagama S.
  • Spine (Phila Pa 1976). 2021 Dec 15;46(24):1738-1747. doi: 10.1097/BRS.0000000000004096. PMID: 33958540.
  • Effect of Early vs Delayed Surgical Treatment on Motor Recovery in Incomplete Cervical Spinal Cord Injury With Preexisting Cervical Stenosis: A Randomized Clinical Trial.
  • OSCIS investigators, Chikuda H, Koyama Y, Matsubayashi Y, Ogata T, Ohtsu H, Sugita S, Sumitani M, Kadono Y, Miura T, Tanaka S, Akiyama T, Ando K, Anno M, Azuma S, Endo K, Endo T, Fujiyoshi T, Furuya T, Hayashi H, Higashikawa A, Hiyama A, Horii C, Iimoto S, Iizuka Y, Ikuma H, Imagama S, Inokuchi K, Inoue H, Inoue T, Ishii K, Ishii M, Ito T, Itoi A, Iwamoto K, Iwasaki M, Kaito T, Kato T, Katoh H, Kawaguchi Y, Kawano O, Kimura A, Kobayashi K, Koda M, Komatsu M, Kumagai G, Maeda T, Makino T, Mannoji C, Masuda K, Masuda K, Matsumoto K, Matsumoto M, Matsunaga S, Matsuyama Y, Mieda T, Miyoshi K, Mochida J, Moridaira H, Motegi H, Nakagawa Y, Nohara Y, Oae K, Ogawa S, Okazaki R, Okuda A, Onishi E, Ono A, Oshima M, Oshita Y, Saita K, Sasao Y, Sato K, Sawakami K, Seichi A, Seki S, Shigematsu H, Suda K, Takagi Y, Takahashi M, Takahashi R, Takasawa E, Takenaka S, Takeshita K, Takeshita Y, Tokioka T, Tokuhashi Y, Tonosu J, Uei H, Wada K, Watanabe M, Yahata T, Yamada K, Yasuda T, Yasui K, Yoshii T.
  • JAMA Netw Open. 2021 Nov 1;4(11):e2133604. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2021.33604. Erratum in: JAMA Netw Open. 2021 Dec 1;4(12):e2143306. PMID: 34751757; PMCID: PMC8579238.
  • #VALUE!
  • Numasawa T, Ono A, Wada K, Yamasaki Y, Kumagai G, Yokoyama T, Ueyama K, Toh S, Ishibashi Y.
  • doi:10.4172/21657939.1000219
  • A genome-wide sib-pair linkage analysis of ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine.
  • Karasugi T, Nakajima M, Ikari K; Genetic Study Group of Investigation Committee on Ossification of the Spinal Ligaments, Tsuji T, Matsumoto M, Chiba K, Uchida K, Kawaguchi Y, Mizuta H, Ogata N, Iwasaki M, Maeda S, Numasawa T, Abumi K, Kato T, Ozawa H, Taguchi T, Kaito T, Neo M, Yamazaki M, Tadokoro N, Yoshida M, Nakahara S, Endo K, Imagama S, Demura S, Sato K, Seichi A, Ichimura S, Watanabe M, Watanabe K, Nakamura Y, Mori K, Baba H, Toyama Y, Ikegawa S.
  • J Bone Miner Metab. 2013 Mar;31(2):136-43. doi: 10.1007/s00774-012-0404-y. Epub 2012 Nov 9. PMID: 23138351.

Pagetop