新着情報

第89回日本整形外科学術総会親善野球大会 優勝報告


 この度第89回日本整形外科学術総会親善野球大会にて優勝しましたのでご報告いたします。
 今年は5月11日から14日まで横浜市を中心に開催されました。大会前に降り続いた雨により大会初日が順延となり、今大会はトーナメントの準決勝まで勝ち残った2校を優勝とするというルールに変更となりました。
 初戦は福岡大学との試合でした。初回に原田先生のタイムリーなどで2点を先制したものの、2回、3回に1点ずつとられて同点とされ、そのまま時間制限で試合終了となりました。勝負は最終メンバーでのジャンケン勝負にゆだねられました。1番の前田から太田先生、原田先生と3連敗で暗雲立ちこめましたが、そこから赤石先生、佐々木(規)先生、亀井先生、大鹿先生、福徳先生と奇跡の5連勝を飾り、ジャンケン5-3で勝利しました。準々決勝は名古屋大学との試合でした。2回に打者1巡の猛攻で5点をあげ、投げては亀井先生が低めを丁寧につく投球で2失点に抑え、5-2で勝利しました。この試合で先発した亀井先生は今年度より出場可能となった一人で、日整会初先発・初勝利を飾りました。優勝決定戦は昭和大学との試合でした。初回に4番赤石先生のスリーランホームランを含め5点を先制し、2回には3番原田先生のツーランホームラン、4回にも3点の追加点を挙げ、10-2で17年ぶり5回目の優勝を勝ち取りました。これも野球部の活動にご理解・ご協力いただいております先生方の力強い応援のお陰と感謝しております。関連施設の先生方には野球部員の練習・試合のため多大な負担をかけておりますが、野球部の活動にご理解をいただき、今後ともご支援いただけますよう宜しくお願い致します。

野球部主将 前田周吾

第89回日本整形外科学術総会親善野球大会 優勝報告

PAGE TOP