整形外科学講座からのお知らせ

軟骨欠損に対して自家培養軟骨移植による治療を導入いたしました。

 自家培養軟骨とは、患者自身の軟骨から取り出した軟骨細胞を培養してつくられたものです。外傷(けがや交通事故)や離断性骨軟骨炎(スポーツなどで繰り返し力が加わり軟骨が下の骨とともに剥がれる障害)によって膝関節の軟骨が欠損したところに軟骨細胞を移植することにより、臨床症状を緩和します。(変形性膝関節症による軟骨損傷は適応になりません。)

脊椎・脊髄外科グループ

脊椎・脊髄外科グループ

 自家軟骨細胞をアテロコラーゲンゲル内で培養し移植する治療は、平成24年7月に日本で初めて承認された方法で平成25年4月より保険適用になりました。この自家培養軟骨による治療を導入している施設は全国でも数十箇所と限られており、青森県内では弘前大学附属病院が初となります。これにより、いままで治療が難しいと言われていた膝の大きな軟骨損傷の治療が可能となりました。
 関節の表面を覆っている軟骨は、関節の動きを滑らかにし、クッションとなって衝撃を和らげる役割があります。軟骨には血液がなく、傷を治すために有効な細胞が少ないため、一度損傷すると自然には治癒しません。軟骨欠損が小さければ、患者自身の別の場所から骨と軟骨(自家骨軟骨柱)を取り、軟骨が欠けた部分を修復します。この自家骨軟骨柱移植術は現在でも軟骨欠損に対する主要な治療法です。しかし欠損部が4cm2以上と大きい場合は、多くの骨軟骨柱が必要となってしまうので不向きでした。このような比較的大きな軟骨欠損に対して、自家培養軟骨を移植することで軟骨組織の修復が期待されます。
詳しくはこちらをご覧ください
PAGE TOP