診療・研究グループ紹介

研究室構成および紹介

整形外科の対象となる疾患は極めて多岐に及びます。

当教室では5つのグループに分かれて運動器疾患の診療及び研究に取り組んでいます。
脊椎・脊髄外科グループが脊椎・脊髄の変性疾患や外傷を、スポーツ整形外科グループがスポーツ傷害・膝・肩疾患を、手外科グループが手の疾患やマイクロサージャリーを、関節・リウマチグループが股関節疾患や関節リウマチの治療を担当しています。
また、四肢・体幹の運動器から発生する腫瘍性疾患を骨・軟部腫瘍グループが受け持ち、各グループと協力して診療に取り組んでいます。

PAGE TOP