受賞・表彰

Top cited Article in 2018 (AP-SMART) 受賞報告


Top cited Article in 2018 (AP-SMART)受賞報告
弘前大学医学部附属病院整形外科
スポーツグループ 飯尾 浩平

 このたび、学位論文としてAP-SMART誌に投稿した“Hyaluronic acid induces the release of growth factors from platelet-rich plasma”が、AP-SMRATの2018年の引用top 10になり、top cited article in 2018のcertificateをいただきましたので御報告いたします。
 この研究は、自家末梢血を遠心分離することで作成できる多血小板血漿(Platelet-rich plasma: PRP)をヒアルロン酸と混合すると、成長因子の放出量が増加したという基礎実験です。現在本邦でのPRPは普及しておらず、再生医療等の安全性の確保に関する法律により認定再生医療委員会の承認を得て保険外診療としてしか用いることができません。当科では、この法案成立前からPRPの基礎実験、臨床応用を行ってきています。現在当科でも認可に向けて準備しているところです。将来的に研究結果を臨床にいかせれば幸いです。
 本研究および論文執筆に際しては、整形外科学講座の石橋恭之教授、山本祐司准教授、薬理学講座の古川賢一准教授をはじめ、多くの先生方にご指導、ご鞭撻いただきました。論文がアクセプトされた時もうれしかったですが、その論文が引用され今後の研究発展に少しでも寄与できたのであれば、誠に光栄に思います。今後も、微力ながら社会に役立つ研究、治療をできるよう尽力して参ります。


Top cited Article in 2018 (AP-SMART) 受賞報告




PAGE TOP