部活動紹介

整形外科陸上部

陸上部主将 古川正和

弘前大学整形外科陸上競技部は創部から約10年の比較的若い部活です。発足当初は市民マラソン大会での個人活動が主でしたが、2011年のいわて銀河100kmチャレンジマラソン駅伝の部への出場を契機にチームでの活動機会が増えています。現在の主な活動は、東日本整形災害外科学会での駅伝、東北スポーツ整形外科でのランニングミーティングとなっております。2018年の第67回東日本整形災害外科学会では全体4位と着実に成績を伸ばしており、今後さらに上を目指して盛り上がっています。また、スポーツ活動のみならず年1回、青森県の国民体育大会陸上競技選手選考会で中~大学生を対象とした陸上検診を行っており、青年期陸上アスリートにおけるスポーツ障害の早期発見、予防、教育活動を行っております。我々は個人のペースに重きをおいているため、高い競技レベルを目指している方のみならず、楽しく走りたい、運動不足を解消したいといった方々を歓迎しております。みんなで楽しく走りましょう。


整形外科陸上部
第67回東日本整形災害外科学会駅伝大会にて






PAGE TOP