日程表


ダウンロードはこちら→ 日程表(PDF書類:280KB)| 日程表(Word書類:224KB)



第1日 4月27日(金)

9:00 - 9:32 一般演題:上肢骨折
1 國府 幸洋 創外固定を用いた粉砕型鎖骨骨幹部骨折の治療経験
2 野々宮廣章 上腕骨頚部骨折に対するKNY non-bridge 創外固定器の使用経験
3 中島 菊雄 創外固定にて治療した上腕骨開放骨折の2例
4 戸祭 正喜 小児上肢変形矯正骨切り術後の固定にDFSミニ固定器を用いた3例
9:32 - 10:12 一般演題:手指・足趾への応用

5

前川 尚宜 Ilizarov Mini Fixator を併用し関節温存ができた母趾MTP関節開放粉砕骨折の1例
6 加藤 成隆 イリザロフM4ミニフィクセーターによる短骨延長
7 鈴木 雅博 第1中手骨基部骨折に対するpins & rubbers traction systemの経験
8 蔡  栄美 外側楔状骨軟骨による関節内移植術およびcompass proximal interphalangeal joint hinge創外固定器を併用して指関節内骨折を加療した1例
9 来嶋也寸無 Cylinder joint付き指用創外固定器の使用経験
10:12 - 10:52 一般演題:骨延長
10 白濵 正博 当院における骨延長術症例の検討
11 須田 英明 低リン血症性くる病の下肢内反変形に対するイリザロフ法による矯正術
12 西脇  徹 大腿骨骨幹部骨嚢腫病的骨折後に生じた著明な大腿骨変形治癒に対しイリザロフ創外固定器を用いて加療した1例
13 山中 紀夫 イリザロフ法による骨延長術を行った大腿骨骨巨細胞腫の1例
14 見目 智紀 仮骨延長部に生じた骨髄炎の1例
11:00 - 12:00 教育研修講演 1:
  External Fixation in Traumatology: Possibilities of Fracture Repair and Treatment of Post-traumatic Non-unions
  Marko Bumbasirevic
12:15 - 13:15 ランチョンセミナー 1:
  法律から見た創外固定・骨延長法の留意点
  古川 俊治
13:25 - 13:45 総会
13:45 - 14:33 一般演題:新しい工夫 1
15 岩永 淳一 開放創のままBone transportを施行した感染性偽関節の2症例
16 大野 一幸 高齢者の下腿感染性偽関節に対して一期短縮緩徐延長を行った1例
17 飛田 健治 片持ち式創外固定器のピンを利用した変形矯正の小工夫
18 渡邊 誠治 イリザロフ創外固定器を用いた下位脛骨ドーム状骨切り術の短期成績
19 松本 卓也 CT/有限要素法による大腿骨外傷後骨欠損例の骨強度評価
20 杉浦  剛 骨折治療におけるHoffmann II MRIの使用経験
14:33 - 15:13 一般演題:新しい工夫 2
21 川崎 賀照 特殊なドリルガイドを用いて行うPercutaneous Multidrilling Osteotomy
22 田代宏一郎 下腿短断端延長術の経験
23 浅海 浩二 大腿骨仮骨延長術後にLCPを用いたMIPOの経験
24 皆川   寛 軟骨無形成症に対する下腿骨延長術後にMIPO法を使った治療経験
25 相楽 光利 当院におけるacute shortening and gradual lengthening法の治療成績
15:20 - 16:40 主題:前腕変形の治療
26 片岡 浩之 小児陳旧性モンテジア骨折に対する創外固定
27 共田 義秀 骨軟骨腫に伴う前腕変形の治療:骨延長術を行った症例の検討
28 高村 和幸 多発性内軟骨腫症による前腕変形に対する創外固定器による治療の経験
29 普天間朝上 橈骨遠位骨端線早期部分閉鎖に対して骨端線解離術および遊離脂肪移植術に骨延長を併用した2例
30 瀧上 秀威 橈骨遠位骨端線早期部分閉鎖に対しLangenskiӧld法と仮骨延長術を行った1例
31 神   裕道 橈側列形成不全症に対するulnarizationと尺骨延長合併手術の経験
16:40 - 17:28 一般演題:小児下肢再建
32 海老原吾郎 広範囲骨欠損を合併した小児下腿骨開放性骨折の1例
33 服部  義 EBI Multi-Axial Correction (MAC) Fixation Systemを使用した小児下腿回旋骨きり術の2例
34 和田 晃房 先天性脛骨列欠損症に対する仮骨延長手術
35 岩崎 弘英 Centralization、骨延長を行った先天性脛骨列形成不全症の一例
36 藤岡 文夫 Chondrodiatasisにより脚長補正と変形矯正を行った先天性下腿偽関節症の1例
37 中瀬 尚長 変形矯正における創外固定器の機種選択と術後成績 - 成長障害例における検討 -
17:28 - 18:00 一般演題:軟部組織延長他
38 大関 覚 イリザロフ創外固定による股関節牽引術
39 S. Facca Long-term review of five leg replantations: Emergency strategy and examples of lengthening of the leg on nerve regeneration
40 西澤 祐 大腿骨延長後の膝関節可動域制限についての検討
41 西須 孝 心停止後の骨化性筋炎による両足部高度拘縮に対しイリザロフ法が奏効した1症例


第2日 4月28日(土)

8:40 - 9:28 一般演題:基礎
42 大橋  暁 CT・CAD/有限要素法解析を用いた創外固定ピン応力の検討
−非対称ピンプロファイルはピンと骨の界面における応力集中を軽減する−
43 吉田 隆司 インピーダンス測定法を用いた延長仮骨の骨成熟度評価
44 岡  佳伸 光触媒を用いたピン刺入部感染予防の試み
45 西野 衆文 荷重調節・関節運動機構付き創外固定器の開発と家兎モデルへの応用
46 近江 洋嗣 ウサギ骨延長モデルに対する低用量アレンドロネート局所投与が骨形成に与える影響
47 山口 健治 髄内釘によるbone segmental transport方式仮骨延長骨形成術
(髄内釘骨形成装置の構造・しくみの紹介と動物実験結果)
9:30 - 10:45 主題:橈骨遠位端骨折

48

戸部 正博 橈骨遠位端骨折に対するnon-bridge創外固定法 - 青壮年者と高齢者の比較 -
49 別所 祐貴 橈尺骨遠位端開放骨折に対し両骨ともNon-bridging創外固定法にて加療した2例
50 津布久義人 Non-bridge創外固定器を利用した橈骨遠位端骨折変形治癒例の治療経験
51 坂野 裕昭 LIPUSを併用した橈骨遠位端骨折に対するnon-bridging創外固定術
52 森田 晃造 橈骨(遠位端を含む)開放骨折に対するnon-bridging 創外固定法
10:45 - 12:00 主題:テーラーフレーム
53 高橋 大介 膝関節脱臼骨折後変形治癒に対してTSFを用いて変形矯正を行った1例
54 松井 秀和

陳旧性膝関節脱臼骨折に対してTaylor Spatial Frameを用いて整復を行った1例

55 前川 尚宜 前腕に対するTaylor Spatial Frameの使用経験
56 野澤 大輔 Taylor Spatial FrameとFast Fx strutを用いた下腿変形矯正骨切術
57 山城 輝久 Taylor Spatial Frameにおける至適なハーフピン刺入位置
12:15 - 13:15 ランチョンセミナー 2:
  低出力超音波パルスの骨癒合促進効果−骨延長術への応用を含めて−
  神宮司誠也
13:30 - 14:30 教育研修講演 2:
  The Elbow Fixator in Complex Injuries and Post Traumatic Sequelae
  Dietmar Pennig
14:30 - 15:18 一般演題:下肢骨折 1
58 渡辺 兼正 創外固定を用い治療を行った不安定型骨盤輪骨折症例の検討
59 野田 光昭 大腿骨転子部骨折に対する創外固定法による治療経験
60 尾上 英俊 創外固定器による小児大腿骨骨幹部骨折の合併症
61 江口  純 人工膝関節全置換術後脛骨コンポーネント周辺骨折に対しTenxor創外固定器を用いて治療した関節リウマチの1例
62 坂中 秀樹 大腿骨遠位端骨折に対するイリザロフ創外固定器の有用性
63 寺本  司 イリザロフ創外固定器を用いた脛骨顆部骨折の治療経験
15:18 - 16:06 一般演題:下肢骨折 2
64 萩原 祐介 下肢骨折に対するハイブリッド型創外固定器の使用経験
65 松村 福広 下肢骨幹端部開放骨折に対するLocking Compression plateを用いたMIPOによるconversion procedureの治療経験
66 福島 達也 下腿骨折に対するイリザロフ創外固定を用いた簡易初期固定法
67 佐藤 栄一 関節内骨折における創外固定法の有用性について
68 垣花 隆之 足部外傷に対する創外固定
69 中塚 洋一 Ilizarov創外固定器を用いた脊髄損傷患者の下肢骨折の治療経験


このページの上へ↑

©Copyright 2007 Department of Orthopaedic Surgery, Hirosaki University School of Medicine Allrights reserved.